90分周期で繰り返される睡眠サイクル



ネ・ムーンプラスで深い睡眠を。



90分周期で繰り返される「浅い眠り=レム睡眠」と「深い眠り=ノンレム睡眠」

一言で「眠り」といっても、私たちは均一に眠っているわけではなく、

2種類の睡眠状態の間を波状に行き来しているのです。

寝ついてから起きるまでの脳波をごく単純化してみると、

最初はまず、グッと急激に眠りに入ります。

まさに「眠りに落ちる」その表現ピッタリの入り方といえます。

脳波上には振り幅の大きな遅い波「徐波」がでてきます。

これが、ノンレム睡眠というのです。

断眠実験を行った直後に寝ると、ノンレム睡眠の長い睡眠になるそうです。

ですから、まず体はノンレム睡眠を必要にしていることがわかるのです。

また、深いノンレム睡眠中には、成長ホルモンが盛んに分泌されることや、

免疫機能と関連があることなども明らかになっているのです。


ノンレム睡眠が90分ほど続くと、脳波は覚醒状態に近くなります。

これがレム睡眠なのです。

目は閉じたままですが、眼球は素早く動きます。

夢の中で何かを見ているために目が動くようにも見える動きといえます。

レム睡眠中は、交感神経は完全なお休み状態になり、

筋肉の緊張がゆるむため、体の力は抜けています。

逆に、頭は覚醒に近づき、レム睡眠時には、脳のタンパク質合成は増加します。

これは、レム睡眠中に、記憶の取捨選択や固定が行われるため、と考えられているのです。

入眠後のレム睡眠出現時間はほんの数分ですが、起きる時刻に近くなると長くなるのです。


このような、ノンレム睡眠とレム睡眠が、

一晩に4〜5回、繰り返されています。

新生児の睡眠は、半分近くがレム睡眠です。

それが大人になると、20〜25%ほどに減少し、高齢になると更に減るのです。

このことから、レム睡眠は、子どもの脳の発育にはとても必要なのだろうということになるのです。


大人では、レム睡眠時に、記憶の固定や、

不愉快な記憶を薄めるような作業が行われていると推測されています。

イヤなことがあっても、一晩寝ると、気分が楽になった経験をお持ちに人は多いのではないでしょうか?


このように、レム睡眠とノンレム睡眠があることは、

よくしられるようになりました。

しかし、何のために、これほどの質の違う眠りが交互に起こるかは、

まだはっきりとはわかっていないようです。


さまざまな説から、「〜らしい」といった推測を含んでいることをお見知り置きを・・・。




↓ ネ・ムーンプラスで快適な睡眠サイクルを! ↓


ネ・ムーン





ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者