一過性のストレス、慢性化されたストレス。


ネ・ムーンプラスに挑戦する前に、一つ勉強をどうぞ。



一過性のストレスが原因の「ストレス性睡眠障害」は、

慢性化させないことが改善のポイントになるそうです。


眠れないことを気にしているうちに、

次第に悪循環にはまっていく「精神生理性不眠」では、

これといった具体的原因が見当たらないことも多いのに対し、

「ストレス性睡眠障害」では、不眠の原因となったストレスが

はっきりあります。


環境の変化や、日常生活中のイライラや緊張、不安、葛藤などは、

ストレスとなって自律神経を興奮させやすく、不眠の原因にもなるそうです。

たいがいのストレッサー(ストレスの原因となっている事像)は一過性のもので

新しい環境にもなれ、イライラや葛藤のもとにある問題が解決されれば、

ストレスは消失し、不眠の解消になります。


・・・ところが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)のように

ストレスの原因になる経験が激烈だったり、

更年期などで本人のストレスに対抗する力が弱まっていたり、

あるいは、一過性の不眠に誤った対処法をとったりしていると、

慢性の不眠症に以降してしまうこともあるそうですので、注意が必要なのです。

安易にアルコールに頼って眠ろうとすれば、かえって、

睡眠の質を低下させたり、途中で目覚めてしまったりして逆効果になるのです。

また眠れないからといって深夜まで起きていれば、

生活リズムが乱れて、日常生活にいっそう支障をきたすようになり、

さらなるストレスを抱えることになってしまうそうです。

こういった形で不眠症になってしまう人も実際に多いようです。

頷ける感じがします。。。


対策としては、原因となったストレスは何なのか、

家庭や仕事、人間関係などに思いをめぐらしてみるのもいいようです。

ストレッサーとして思い当たることがあるのであれば、

少しでも負担が軽くなるように、解決策を講じてみましょう。

ストレスの源自体を変えることはムリでも、

親しい友人に話を聞いてもらうだけで、グッと、ストレスが軽くなることが多いそうです。

人生にストレスはつきものです。

眠れなくても、起床時刻は守り、朝の光を浴びて、

できるだけきちんとした日常生活を送りましょう。

眠れないからといって、長時間、昼寝をすると寝付けなくなり、

睡眠と覚醒のリズムを乱してしまい、不眠を悪化させてしまうそうです。






ストレスが慢性化してしまったら・・・
↓ ネ・ムーンプラスに頼ってみるのも良いかもしれません ↓


ネ・ムーン






ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者