眠れなければ寝なくていい!


眠れなければ寝なくていい! ・・・焦るとかえって眠れなくなる


ネ・ムーンプラスで不眠症は解消できますが、

一時的な不眠症であれば、諦めるのもひとつの手です。

眠らなくてもいいやと思えばなぜか不思議と眠くなる


寝るべき時間だからといって布団に入っても、睡眠態勢になっていなければ、誰でもすぐにはねむれません。

眠れないのに布団の中にいると、むしろ寝つきが悪いという思い込みにつながり、「布団=眠れない」という図式が記憶されてしまいます。

そんなときは「思い切って布団から出る!」のがおすすめです。

その目安は30分。

もし布団に入って30分以上眠くならなかったら、迷わずに布団から出てしまいましょう。


また開き直りも重要です。

眠くならないなら眠らなくてもいいや、と思い切って気持ちを切り替えてみましょう。

そうすると、「眠らなければ、明日が大変なことになる」などといったプレッシャーから開放されて、気持ちがリラックスしてくるものです。


また、睡眠の量も質も十分足りているのに、眠らなければ!と躍起になって、眠ろう眠ろうと悪戦苦闘している人もいます。

たとえば「自分は8時間眠らないといけない」と決めている人がいます。

これは、睡眠不足だと勝手に思い込んでいる傾向の人です。


もしも布団から出たならば、刺激は避け、自分に合ったリラックスできる方法を試すのもおすすめです。

また、翌日のしたくを整えたり、翌日のスケジュールを確認しながらシュミレーションをしてみるのもよいでしょう。


なにか心配ごとがあるなら、布団の中で考えを巡らせ続けるより、不安なことを紙に書き出してみるのも効果的です。

気持ちの整理ができ、悩みの原因や問題点、、改善方法などが明確になってくるはずです。

そんなことをしながら眠くなるのを気楽に待ちましょう。


ポイント!

○眠れないときには開き直るとリラックスできる

○30分以上眠れなければ布団から出る


ネ・ムーンプラスで毎日ぐっすり眠りましょう。


宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
坪田 聡 監修
P86 より引用



ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者