朝と夜を切り替える自律神経とは?


朝と夜を切り替える自律神経とは?


ネ・ムーンプラスで快眠を得られますが、

自律神経や不眠の関係を理解しておくことは重要です。


自律神経とは、交感神経と副交感神経というまったく正反対のはたらきをする2つの神経からなり、どちらが優位かで体の調子も変わってきます。


「交感神経と副交感神経のメカニズム」

交感神経・・・活動しているとき、緊張しているとき、ストレスを感じているときにはたらく。筋肉が硬くなって素早く反応するので、いつでも活動できる。

副交感神経・・・休息しているとき、体の回復させるときなど、リラックスしているときにはたらく。筋肉がゆるんだ状態で、新陳代謝がよくなり、疲労回復が進む。


交感神経と副交感神経のバランスがいいと、昼間の疲れが夜の睡眠でしっかり回復できる


脳をだます腹式呼吸の仕方


腹式呼吸で自律神経をコントロールすることが可能です。

リラックスして状態のときにはたらく副交感神経のスイッチを入れて、眠る準備を整えましょう。


1.鼻からゆっくり1,2,3と息を吸い込んでお腹を膨らませる

2.口からゆっくり4,5,6で良きを吐く

3.3秒間呼吸を止める


ネ・ムーンプラスと自律神経改善で毎日快眠を!


宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
坪田 聡 監修
P85 より引用



ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者