深い睡眠は食事も大事

快眠をサポートしてくれる食材



眠りやすい食べ物とネ・ムーンプラスの相乗効果で快眠を!

日々健康に生活を送るためには、1日に30品目以上食べることが勧められています。

また、質の良い睡眠を得るためにも、いろいろな栄養素が大切ですが、ここではアミノ酸とビタミン、ミネラルについてご紹介させてもらいます。

私たちの体を作っているタンパク質は、20種類のアミノ酸からできているのです。

原始の地球では、炭素・窒素・水素などの元素から、雷・宇宙線・紫外線・マグマの火山活動からの刺激によって作られたアミノ酸には、「最初の命のモト」ともいわれているほどです。


心地よい睡眠に導いてくれるといわれる働きを持つアミノ酸としては、トリプトファンやグリシン、ギャバ(GABA)などがあります。


「睡眠ホルモン」と呼ばれているメラトニンは、朝起きてから太陽の光を浴びてから14〜16時間経つと、脳での分泌が増えてだんだん睡魔がやってきます。

メラトニンは、時差ぼけの治療にも使われています。

アメリカでは睡眠薬の1種としても飲まれているほどです。


このメラトニンはセロトニンから作られ、セロトニンはトリプトファンから作られています。

そしてトリプトファンは、人間の体の中では合成されない「必須アミノ酸」なので、日々の食事などから摂らなければならないのです。

トリプトファンは、牛乳や乳製品、豆・豆製品、バナナ、アボカド、肉類、スジコ、タラコなどに、比較的多くふくまれています。

食事で摂る場合なら多く食べてもあまり問題にはなりませんが、サプリメントでトリプトファンを大量に摂るのは、大変危険です。

その結果、好酸球増多筋痛症候群という健康障害を引き起こすことがあるので、注意が必要です。


グリシンとは、アミノ酸の中でも分子量が一番小さく、地球上では最も古いアミノ酸の1つと考えられています。

また、グリシンは、アミノ酸の中でも最も単純な構造なので、体のあちらこちらに存在しているのです。

多く含む食材としては、エビ・ホタテ・イカ・カニ・カジキマグロなどの魚介類に多く含まれていて、うま味のモトとなっています。



眠りやすい食べ物とネ・ムーンプラスの相乗効果で快眠をゲットしましょう!


ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者