眠りの質を一段とアップさせる、枕、布団、寝巻きの選び方

眠りの質を一段とアップさせる、枕、布団、寝巻きの選び方


ネ・ムーンプラスで得られる快眠は本当に素晴らしく、

不眠症で悩む人にとっては感動の目覚めだと思います。

しかし、寝具を見直すと更に疲れが取れやすくなる場合もあります。




かつてのように「やわらかいフカフカの布団ほど、ぐっすり眠れる」と思っている人はもう少ないでしょうね。

敷き布団がやわらかすぎると、おしりや背中が沈んでしまい、首や腰に負担がかかりますし、体がのめり込んでいるために寝返りが妨げられます。

とはいえ、反対に、あまりかたくて薄い敷き布団で寝ていても体が痛くなり、よい眠りは得られません。

人間は、体の重みがかかっている部分の圧迫を解放し、血のめぐりをよくしたり、体温を調節したりするために、一晩に何回も寝返りをうちます。

敷き布団は、適度なやわらかさと、寝返りの打てるかたさ、そして寝返りができる広さが必要です。

冬場の掛け布団が重すぎても、寝返りを妨げることになりますから気をつけましょう。

保温性の高い毛布や薄い掛け布団を重ねたほうが、調節がきき、間に空気の層ができて暖かいようです。

電気毛布を使う場合、睡眠中の温度が高くなりすぎないことと、室内の乾燥に注意してください。


枕の材質や大きさも個人の好みによるところが大きいですが、高すぎると、首の筋肉や骨に負担がかかり、肩こり頸椎変形の原因ともなりますし、小さいと寝返りのたびに首からはずれてしまい、手で引き寄せなければならないために眠りを妨げてしまいます。

あお向けに寝て、わずかに首の骨が山型になる湾曲するくらいの高さがあり、寝返りを打ってもはずれない、肩幅程度の大きさのある枕がよいでしょう。

頭をのせた状態で6〜8cmの高さになる枕を用意し、首のくぼみに枕を当てれば、首本来の生理的な湾曲が保てます。


夏期には、頭部が包まれてしまうような、やわらかい素材より、かためで通気性のいい枕のほうが涼しいもの。

従来よく使われてきたそば殻も、熱がこもらないので枕の素材としては最適ですが、そばアレルギーの人は使えません。

最近は、頸椎を自然な形で支えるように工夫された、いろいろな素材の枕が出回っていますから、自分に合った枕を、できれば購入前に横になって頭に当てて試してみてから、選んでください。


寝巻きは、汗を吸いやすく、通気性はよく、洗濯のしやすいもので、ゆとりがあって体を締め付けず、かつ寝返りを打ったときにも体についてくるように、ゆるやかにフィットしたものがよいでしょう。

化繊よりも木綿やシルクなど天然繊維がよいようです。


精神的になりすぎる必要はありませんが、寝具によって寝心地はずいぶん変わります。

睡眠の重要性を思えば、昼間のファッションや仕事道具などと同等の配慮と工夫がほしいところです。

枕をはじめ、さまざまな寝具が、さほど高価でなく販売されていますから、じっくり時間をかけて、好みのものを探してみてください。


併せてネ・ムーンプラスで質の高い快眠を。



主婦の友社
不眠症・睡眠障害 みるみるよくなる100のコツ
P182〜183より引用




ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者