寝苦しい真夏も扇風機でスムーズに寝つける

「足に扇風機の微風」で寝苦しい真夏もスムーズに寝つける


暑い夏もネ・ムーンプラスで快眠といきたいところですが、

あまりに暑いと、さすがに眠りは浅くなります。

そんな時はこの方法をお試しください。



高温多湿の真夏は、寝苦しいこと、この上ありません。

日中の過度の冷房も、快眠を奪う要因になります。

本来、昼間は活動によって上った体温が夜間には下がるので、その落差によって体は休息の状態に入り、眠りが訪れます。

昼間に過度の冷房に当たると体の深部の温度が下がってしまい、体のリズムが狂って、睡眠に障害が出るのです。

熟睡のためには、自然に逆らわず、体本来のリズムを保つことが大切で、昼間の戸外と室内の温度差は5〜6度が理想です。

戸外が32度なら室内は27度程度ですね。


そして真夏にぐっすり眠るには、うまく気流を利用しましょう。うちわであおぐ風はおよそ秒速1mですが、その風で体感温度は2度ほど下がります。

つまり、冷房の設定温度を下げるのではなく、扇風機で風を起こせば体感温度は下がるわけです。

私どもの実験では、扇風機の超微風(秒速0.4m)を足の甲からすねあたりに当てると、入眠時に体の深部体温がスムーズに下がり、寝つきがよくなるという結果が出ています。

レム睡眠が安定してあらわれ、深い眠りが得られることも判明しました。


もともと睡眠中には、体の深部温度が0.5〜1度下がり、それによって内臓は活動を弱めて休息状態となります。

体温を下げるためには余分な熱を放出しなくてはなりませんが、発刊作用で放出するには体温をいったん上げなければならず、すぐに寝つける状態にはなれません。

また、汗が出ると、睡眠中の体動が多くなって心拍数が増加し、眠りが浅くなってしまいます。

ところが、超微動を足に当てると、対流によって皮膚表面から熱が奪われ、体の深部の温度が下がります。

それがスムーズな入眠と深い眠りを生み出すわけです。


質のよい睡眠のためには、散歩など昼間の適度な運動が必要です。

そのうえ、寝苦しい真夏の夜などには、足に扇風機の微風を当てて寝てみてください。

ただ、胸やおなかを冷やすと思わぬ内蔵のトラブルや事故につながりかねないので、くれぐれもすねから下に超微動を当てる程度にし、寝入ったころには扇風機が止まるようにタイマーをセットするなど、十分注意しましょう。

ネ・ムーンプラスと併せて快眠を!


主婦の友社
不眠症・睡眠障害 みるみるよくなる100のコツ
P174〜175より引用



ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者