スッキリ目覚める飲み物

スッキリ目覚めるための飲み物

高速道路のサービスエリアや、道の駅では、眠気覚ましのために、カフェイン入りのドリンクやタブレット多くが売られています。

これはカフェインの、脳を刺激して覚醒レベルを上げ、さらに手足の血行を良くする働きがあるからといえます。


インスタントコーヒーには1杯60mg前後で、ドリップコーヒーでは80〜220mgのカフェインが含まれているといわれています。

温かい飲み物の場合、緑茶40〜60mg、ほうじ茶40mg、ウーロン茶50mg、紅茶60〜80mgのカフェインがあります。

冷たい飲み物のコーラやダイエットコーラにも、1缶あたり35〜45mgが含まれています。

ココアやチョコレートの原料であるカカオ豆には、カフェインのほか、よく似た作用を持つティオブロミンが、ほぼ同じ量も入っているのです。

これをカフェインに換算するとココア1杯で40mg、チョコレート50gでは70〜80mgにもなるのです。


カフェイン入りは摂ってから30分ほど経つと、効果が現れてくるといわれています。

昼寝をするときなら、目覚めてからではなく、昼寝の前にカフェインを摂っておくことで、「スッキリ目覚め」ができることになります。

また、摂った後は若い人なら2〜3時間、高齢者になると5〜6時間も効果が続くといわれています。

眠る前に飲んでしまうと脳を興奮させて睡眠の妨げになってしまいます。

カフェインに弱いと思われる人は夕食までにしておきましょうね。


ネ・ムーンプラスでしっかり眠って、仮眠不要に!




ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ



FX業者