就寝前のグリシン

睡眠の30分前にグリシン



ネ・ムーンプラスにもグリシン類似の成分有り。

睡眠に問題がある人に、就寝30分前に3グラムのグリシンを摂ってもらい、翌朝や日中の状態を調べた研究がありました。

いつもなら、頭がスッキリしない、寝ても疲れがとれない、熟睡感がない、やる気がでない、などといった被験者が、グリシンによって朝はスッキリと起きることができ、日中の作業効率も良くなったことがわかりました。


睡眠中の脳波でも、寝付くとすぐに深い睡眠には入ることができ、眠りのパターンもより自然なものに近づいたいう結果が出ています。

この効果とは、グリシンが脳の体内時計に作用し、睡眠のリズムをうまく調整するしているためではないか、と考えられています。


ギャバは、脳や脊髄に多く存在し、神経伝達物質として重要な役割をはたすアミノ酪酸のことです。

セロトニンには興奮を高める働きがありますが、このギャバには、興奮を抑えてリラックスさせる作用があります。

医師が処方する睡眠薬の多くには、脳の中でギャバの作用を強めて、眠らせようとするものなのです。


睡眠以外の効果としては、自律神経の障害による不安やイライラの緩和、アルツハイマー型認知症の予防・改善・軽症高血圧患者での血圧低下、腎臓や肝臓の機能改善、肥満の防止などの報告もあるのです。


ギャバは、玄米や胚芽米、アワ・キビ・ヒエ・大麦などの穀物、漬物、小魚、トマト、スプラウト(発芽野菜)、ココア、チョコレートに多く含まれていることは、有名です。

また、最近では、ギャバの量を増やして特定保健用食品とした、チョコレートや緑茶も買えるようになってきました。


ネ・ムーンプラスにもグリシン類似の成分有るので快眠ができます。


ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ



FX業者