入浴健康法


ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、不眠に良いと言われますが、実際、どのくらいの温度で何分くらい入ったら良いのかわからずにいました。

入浴健康法を研究されている先生が書かれた「たった1℃が体を変える」という本に「不眠症」についても書かれています。

不眠症については、40℃のお湯に20分、就寝時間1~2時間前に入るのが理想のようです。

不眠症で悩んでいる方は、ぜひお風呂の温度計、時計も購入して、理想の入浴方法を試してみてください。

この方法だと、副交感神経が優位になり、脳の興奮が静まり、入浴後、髪を乾かしたり、お顔の手入れなどをしているうちに自然と眠くなります。


仕事や人間関係のストレスで、体が硬くなっている方は、良質の入浴剤を入れると更に効果があがります。

今は、ドラッグストアに行けば、1回分のサンプルが売っていますので、いろいろ試してみましょう。

私は、個人的には「きき湯」が効果が高いように思います。

寝る前にパソコンやスマホをいじると、睡眠に悪影響が出ると言われますので、仕事のメールなど避けられないもの以外は、明日まわしにしましょう。

私は、入浴法で寝つきもよくなり、熟睡出来るようになりました。



入浴でスッキリしたら、ネ・ムーンプラスの快眠効果も改善が期待できます。

お風呂でゆっくり体を温めて下さい!


ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ



FX業者