「寝ている間は内臓も休む」


「寝ている間は体を動かさないようにしている」

ネ・ムーンプラスで快眠をどうぞ。

筋電図をとると、寝ているときには筋肉の活動も低下していることがわかります。

ノンレム睡眠では、徐波睡眠と呼ばれる深い睡眠で、浅いノンレム睡眠に比べて、より筋肉の活動が低下します。

レム睡眠は浅い睡眠ですが、特殊な状態で、筋肉の活動がほとんどなくなります。

レム睡眠中に筋肉が休んでいるのは、脳幹からの指令で筋肉が動かないようにされているからです。レム睡眠のときは夢をみていますので、筋肉が動くと夢のとおりの行動が出てしまって大変です。これが前述のレム睡眠障害という病気です。



「寝ている間は内臓も休む」

眠っている間は内臓の活動も低下します。

体を休ませる神経である副交感神経が優位になって、交感神経の活動が落ちるからです。

しかし、寝る直前に食事をすると、眠っている間に消化管が働かざるをえません。

そのために睡眠の質が悪くなります。




ネムーンプラスで内臓もしっかり休めましょう!

健康への第一歩です!





ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者