老化を防ぐ若返りホルモン


老化を防ぐ若返りホルモンをシャワーのように分泌させる!

ネ・ムーンプラスでグッスリ眠れば、若返りホルモンもアップ!


入眠後、3時間に訪れる深い眠りのときに、細胞の傷んだ部分を修復してくれる「成長ホルモン」が、まるでシャワーのように分泌されます。

ここで深いレベルで眠れると、心地よく目覚め、脳と体の疲れがスッキリとれます。


成長ホルモンは成長期にもっとも多く分泌され、筋肉や骨、脳の細胞を増やします。これが寝る子は育つといわれるゆえんです。

成長ホルモンの分泌ピークは18〜20歳で、30歳から急激に減り、40歳では20歳の約40%まで激減します。寝ているはずなのに、疲れがとれないのはそのせいかもしれません。


成長ホルモンは、睡眠が深ければ深いほど分泌量も増えますから、できるだけぐっすり眠れるよう、快眠を目指しましょう。

ポイント!

○眠って最初の3時間に成長ホルモンはピークになる

○成長ホルモンは肌や骨。筋肉を若返らせる


ネ・ムーンプラスでぐっすり眠ると、

若返りホルモンも大量生産されます。

不眠症改善+若返りの良循環を形成し、

毎日快適に過ごしましょう!



宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
堀田 聡 監修
P08より引用





ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者