「睡眠中は脳の活動が低下する」


ネ・ムーンプラスでしっかり眠る方法。


「睡眠中は脳の活動が低下する」

睡眠の働きについてはいろいろなことがいわれていますが、一番重要なのは脳の休息だということです。日中使っていた脳の働きを回復させるための休息をとっているのです。

脳も生体ですから、使っていると疲れてきます。ですから、休息が必要なのです。

「寝ている間の脳波」

脳波の周波数が高いと、活動が活発だと考えられます。低いと活動が低下しています。

脳波を観察することは、脳細胞が活動するときに発生する電気活動を観察することです。

よくいわれるα波とは、8〜13ヘルツの脳波です。すなわち、脳波計で1秒間に8〜13の波が観察されるとα波が出ているということになります。

目を閉じて安静にしていると、個人差はありますが、1秒間に12前後の波が観察されますので、α波が出ていることになります。

目を開けて活動すると、α波より周波数の高いβ波が出ます。

目を閉じて安静にしている状態からウトウトする状態になると、θ波という、α波よりさらに周波数の低い脳波が出るようになります。

一番深い睡眠になると、1秒間に1〜2の波しか見られなくなります。これを徐波睡眠と呼んでいます。



ネムーンプラスで脳の活動をしっかり低下させて、深い睡眠をどうぞ!



ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者