入眠して最初の3時間は深い眠り



入眠して最初の3時間は深い眠りにつくことができる

ネ・ムーンプラスで更に深い睡眠になります。


朝スッキリと目覚める爽快感、「あー、よく眠れたな」という熟睡感、そして「体の疲れがとれたなあ」という満足感。

気持ちよく目覚めらっる朝は、何事にも代え難いものです。

その頻度を上げるために知っておきたい重要なポイントが「眠ってからの約3時間が睡眠の質を上げる」ということです。


人の眠りは約90分の周期で「深い眠り、浅い眠り」を繰り返します。

その1週期目と2周期目、つまり最初の3時間がもっとも深いレベルの眠りに達するタイミングで、日中の疲れを癒したり、脳を休ませたりします。


夜22〜2時は肌のゴールデンタイムといわれており、この時間帯に入眠後3時間のピークが重なるのが理想です。



睡眠中に分泌される成長ホルモンとは?


成長ホルモンとは・・・・・・

睡眠が深くなると分泌されるホルモン。「若返りホルモン」ともいわれています。

分泌されているあいだに体のメンテナンスがおこなわれ、体の老化を抑制するのに欠かせません。

体温が急激に下がるほど分泌量が増えるとも言われています。


作用・・・・・・
○骨や筋組織を修復する
○肌の新陳代謝を活発にして、美肌をつくる
○毛母細胞の分裂を促し、抜け毛を防止してツヤツヤの髪によみがえらせる
○代謝を促進して脂肪を燃焼させる
○病気への抵抗力を高める
○神経や細胞のメンテナンスをする



成長ホルモンは寝入ってから最初の深い眠りが訪れると、まとまって分泌される。疲れをとり、体の修復作業をする成長ホルモンが出る最初の3時間に、質のいい睡眠をとれるかどうかがポイント!

ネ・ムーンプラスで質の良い3時間を!



宝島社
あなたを変える 睡眠力
医学博士/雨晴クリニック副院長
堀田 聡 監修
P09より引用



ネムーンプラスで毎日快眠!その効能や口コミの購入前チェック! トップページへ


FX業者